« 足の指を曲げて、腰痛を治す話 | トップページ | 筋肉へのTAM手技が、古伝の按摩に似てくる不思議 »

2014年12月18日 (木)

ロコモティブ症候群を防ぐプロテインが売ってました

 ボディビルダーなどの、マッチョ御用達のサプリメントといえば、プロテイン。要するに、筋肉の元になるタンパク質です。アミノ酸(タンパク質の成分)の比率を筋肉などに合わせることで、筋肉を作りやすくなると言われています。
 以前はボディビルダーや、スポーツ選手専門だったプロテインにも、最近は、年配者向けの商品が出ました。
 
■昔は、お年寄りにプロテインという発想がなかった
 
 もう5,6年も前になりますが、プロテインを製造している会社に問い合わせたことがあります。
「このプロテイン、筋力が弱っているお年寄りに使ってもらったら、筋力増強に役立ちませんか?」
 
 当時担当していた患者さんで、筋力低下に悩んでいる方がいたのです。もしプロテインを飲むことで筋力がつくなら、生活の質を上げるのに有効なはず。
 もっとも、メーカーさんとしてもこの問い合わせには困ったようで、
「今のところデータはありません」
 という答えでした。
 
■年配者に合わせた成分のプロテインが!
 
 ところが先日、ドラッグストアの棚を見ていたら、ロコテインという名前の商品が。ロコって、ロコモティブ症候群のことか? と見てみたら、やっぱりそうでした。年配者専用のプロテインです。
 筋力が、年をとってからの生活に大事だと言われ始めて十数年。ここまで来たか、と思います。
 
 成分としては、普通のプロテインに、骨の強化のためのカルシウム、関節のためのグルコサミンやコンドロイチン配合です。なるほど、スポーツマン用とは成分のデザインが違っているのだと感心しました。
 
■長生きにはタンパク質
 
 長生きしている方の食生活を調査すると、タンパク質を多めにとっていることがわかったそうです。筋力や病気への抵抗力を上げるために、タンパク質が良い働きをするからだ、とのこと。つまり、長生きには肉や魚、大豆製品からタンパク質を取るのがおすすめです。
 
 とはいえ、食が細くてあまり食べられないという方の場合には、こうしたプロテインを使ってみるのも手かもしれません。筋力がついて、体がもっと軽くなれば、楽しく生活できるかしれません。
 
 ちなみに、こんな商品でした。

|

« 足の指を曲げて、腰痛を治す話 | トップページ | 筋肉へのTAM手技が、古伝の按摩に似てくる不思議 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/119526/60829348

この記事へのトラックバック一覧です: ロコモティブ症候群を防ぐプロテインが売ってました:

« 足の指を曲げて、腰痛を治す話 | トップページ | 筋肉へのTAM手技が、古伝の按摩に似てくる不思議 »