« 現代人が肉を食べることの合理性 | トップページ | 駆け込みドクター2015年3月1日の話 »

2015年2月20日 (金)

アロンガメント・ジナミコ(動かすストレッチ)について考える

 先日の、ためしてガッテン(2015年2月18日)のテーマは、アロンガメント・ジナミコ。
 私は、予告の段階でこれをずっと「アロンガメント・地味な子」と読んでたのですが、よく見たら「ナ」と「ミ」が、逆でした。よく有りますね、こういう思い込み。
 
■アロンガメント・ジナミコは、動かすストレッチ
 
 一般的な、伸ばすストレッチは、柔軟性を高めたり筋肉の血行を良くする効果がある一方、一定時間(二時間くらい)は筋力が低下するとのこと。運動直前に行った場合には成績を落とす可能性も。ケガの予防にもなりません。
 
 そこで今回番組ですすめていたのが、アロンガメント・ジナミコ。動かすストレッチです。腕を振る、足を振るなどの単純な運動を二分間ほど繰り返すことで、筋力がアップする上に柔軟性も増すというのです。 
 運動選手だけではなく、お年寄りの転倒防止や、肩こり腰痛にも効く、というのがその内容でした。
 
 詳しい内容は、ためしてガッテンの公式ページを見てもらうとして…。
 
■我田引水をしますが…
 
 番組では、筋力増加と柔軟性アップの理由について、
「筋肉を繰り返し動かすことで、筋肉を動かす神経の動きを揃え筋力を上げる」
「筋肉の温度が上がることで、柔軟性が上がる」
 と説明していました。
 
 私はそれに加えて、筋肉をゆるめる練習になっているのではないかと考えます。
 同じ運動、とくに往復運動を繰り返すことは、筋肉の緊張と弛緩(ゆるめる)の繰り返しです。腕を上げるときには、下げるための筋肉がゆるんでいなくてはなりません。下げるなら、その逆。繰り返しの運動は、筋肉をゆるめる練習になります。
 
 習慣的な緊張が身体の動きを阻害しているとすれば、ゆるめることで柔軟性が上がり、筋力が上がっても不思議ではありません。
 もちろん、痛みやコリの対策としても使えます。この原理で考えれば、続けるほど運動に熟練するので、効果が出てくるはずです。
 
■「ゆるめる」方法も、いくつもありますが…。
 
 ゆるめる練習にも幾通りかあります。筋肉の一つ一つを意識してゆるめる方法や、太極拳のようにゆっくり動かすことで、筋肉の力みを感じてゆるめる方法。力を一度入れて、抜くことでゆるめる方法もあります。
 
 アロンガメント・ジナミコの、単純な動きの繰り返しでゆるめるという方法は、自分でできる方法としては、もっとも簡単な方法ではないでしょうか。
 
 今回の番組では、重要なヒントをもらいました。

|

« 現代人が肉を食べることの合理性 | トップページ | 駆け込みドクター2015年3月1日の話 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/119526/61169003

この記事へのトラックバック一覧です: アロンガメント・ジナミコ(動かすストレッチ)について考える:

« 現代人が肉を食べることの合理性 | トップページ | 駆け込みドクター2015年3月1日の話 »