« 指圧は、強すぎると効かない | トップページ | 子供の体が固くなった »

2015年3月31日 (火)

強すぎるストレッチも効かない

 前回書いたように、強すぎる指圧は、かえって筋肉を緊張させます。
 強すぎる力は筋肉に「攻撃されている」という感覚を与え、防衛反応を起こさせるからです。
 この仕組は、ストレッチでも同じです。
 
■ストレッチが効く理由
 
 ストレッチが効くのも指圧と同じです。引っ張られて張った筋肉が「もしかして俺、緊張してるんじゃね?」と感じて信号を脳に送り、弛緩するというシステムです。ここで強く引っ張りすぎると、筋肉は防衛的に緊張して縮んでしまいます。
 やはり、少し張っているくらいの状態を長時間キープするのが効きます。
 
 子供の頃、アキレス腱伸ばしとしてやっていた、リズミカルにかかとを弾ませる方法も、その意味では逆効果です。
 
 ストレッチの効果は、緊張を緩められなくなった筋肉の感覚をリセットして、緩みやすくすること。その意味では、寝る前などに行うのがよいでしょう。
 アロンガメント・ジナミコの回で書いたとおり、運動の前に行うのは良くないようです。
 
■もう一つのストレッチ
 
 筋肉の緊張ではなく、筋膜(筋肉の表面を包んでいる膜)や、靭帯の短縮を引き伸ばすためのストレッチもあります。この場合も、強すぎる力はかけず、長い時間をかけてひっぱります。
 
 ただ、このタイプのストレッチを行うには専門知識が必要です。筋膜リリースなどを行える治療院で受けられることをおすすめします。

|

« 指圧は、強すぎると効かない | トップページ | 子供の体が固くなった »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/119526/61367707

この記事へのトラックバック一覧です: 強すぎるストレッチも効かない:

« 指圧は、強すぎると効かない | トップページ | 子供の体が固くなった »