治療技術論

2015年7月29日 (水)

繊維筋痛症のマッサージについて

 線維筋痛症は、全身に激しい痛みが起こる症状で、現時点では原因は不明です。痛みのために強いストレスがかかり、生活の質を落とすこともあります。
 
 先日、線維筋痛症の患者さんにマッサージを行い、痛みを軽減することが出来ましたので、その報告をしておきます。
 
 患者さんは女性で、全身に痛みがありました。「身体が固くなっているのでマッサージを受けたい」という希望でした。
 ただし、押したり揉んだりする普通のマッサージでは痛くて、受けることができないとのことでした。
 
・マッサージの方法
 
 組織を押したり揉んだりするのではなく、動きを使って脱力する方法を使用しました。
 患者さんの身体に手をあて、ごく軽く動かします。患者さんの筋肉が反応したら、筋肉の動きに逆らわず、ついてゆくようにします。中学生がよくやる手押し相撲のように、筋肉に「肩すかし」をくわせるわけです。
 力を入れようとしたところで空振りするので、繰り返し行ってゆくうちに、筋肉の緊張が減ってきました。
 
 数回の治療後は痛みが減り、大きく関節を動かすことができるようになりました。
 現在も、筋肉に負担のかかる押し・揉みは控えていますが、TAM手技療法による治療を行っています。
 
・まとめ
 
 患者さん症状にもよりますが、筋肉に圧迫を加えないマッサージを使えば、線維筋痛症の方を痛がらせることなく、痛みを軽減できるケースもあるようです。
 同業の方が、線維筋痛症の患者さんにを治療するさいの参考になれば幸いです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年6月11日 (木)

腰痛の治し方 ~「習慣性緊張仮説」から

 私が治療を始めた十数年前は、腰痛の患者さんが治るまでに、2,3回は治療したものです。しかし最近は、かなりの患者さんの痛みが、一回で改善するようになってきました。
 
 もちろん経験の長さもあると思うのですが、大きな理由は、腰痛の原因を「習慣性緊張」と考えるようになったことです。
 
●腰痛は「抜けない緊張」
 
 「習慣的緊張仮説」については以前も書きました。
 脳は、エネルギー消費を節約するため、筋肉のオン・オフ操作を省略する傾向がある。そのため緊張させることの多い筋肉は、緊張したままになりやすい、という仮説です。
 
 いつも前かがみでいるなど、筋肉を長く緊張させていると、緊張が習慣になり、脱力できなくなります。緊張したままの筋肉は血行が妨げられ、やがて痛みが出ます。痛むことによって緊張が進行、ますます痛むという悪いサイクルの繰り返し。それが習慣的緊張仮説による腰痛の説明です。
 
 治療は、緊張をゆるめてやること。筋肉と神経をリセットし、動きを取り戻します。
 
 この治療は、とくに慢性の腰痛によく当てはまるようですが、急性腰痛(ぎっくり腰)も緊張から出た痙攣と考え、同様の治療を行っています。
 
●治療の方法
 
 腰痛を起こしている方の腰椎は、5個の椎体と仙骨が一本の棒のように固まっています。椎体間を結んでいる筋肉が緊張しすぎて、動けないのです。
 
 そこで、鍼やマッサージで、腰周辺の筋肉を徹底的に緩めます。
 強すぎる刺激は、緊張を増す原因となるので、強い圧迫や揉捏は逆効果(ブログの「指圧は強すぎると効かない」を参照)。筋肉の隙間から組織をほどく方法を用います。
 
 ついで、掌で圧迫しながら腰椎を操作し、個々の腰椎間の緊張をゆるめ、動きを取り戻してやります。
 
 重要なのは「腰椎の柔軟性を取り戻す」こと。
 一本の棒のようになっていた腰椎~仙骨が、それぞれに動くようになれば、腰全体に弾力が出てきます。腰椎間の動きが回復する頃には、ほとんどの痛みがとれています。
 
 もちろん、仙腸関節・股関節・膝・足関節の調整も忘れません。
 
 全ての腰痛が習慣性緊張によるものではありません。
 ただ、原因についての考察を増やすと、治療の選択肢も増えます。一つの選択肢として、記憶にとどめておいて損はないでしょう。
 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年5月 8日 (金)

TAM手技療法の総合講座案内

 TAM手技療法の全体像を伝える、TAM総合講座ですが、講座編成の見直しにより、2015年12月に内容が変更になりました。
 
 総合講座という形式ではなく、より受講者の希望に沿った形の「TAM自由講座」となりました。1回2時間の形式で、希望の技術について教える講座です。
 
 希望内容は、「足」「肩」などの場所別の方法でも構いませんし、「肩こり」「腰痛」「ねんざ後遺症」などの、症状別の希望でも構いません。
 
 自由講座から受講していただいてもいいのですが、全くの初心者では感覚が掴めない可能性もありますので、先に「TAM初歩講座」の前編を受講していただいた方がいいかもしれません。
 
 詳しくは、ホームページの「TAM手技療法講習会情報」を御覧ください。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年4月16日 (木)

変形性関節症治療に関する考察

 医学書で「変形性関節症」を見ると、初期段階が「関節に変形がないが、痛む状態」とあります。考えてみれば不思議な話です。なぜ、すり減っていないのに痛むのでしょうか?
 
■関節摩耗の原因は、不正荷重にあり
 
 そもそも、関節がどうして摩耗するのでしょうか?
 突発性の関節軟骨壊死(原因不明)を除けば、関節の一部だけに力がかかる、不正荷重によるものが多いのです。
 
 関節に不正荷重を与える原因は、大きく分けて2つあります。
 
 1つは、アライメントの狂いからくる、力線のズレ。例えば、足関節の歪みが変形性膝関節症の原因になるようなケースです。
 
 2つ目は、筋肉そのものの緊張。
 肩、膝などの関節は、筋肉によって支えられ、安定しています。しかし一部の筋肉が緊張していると、骨が引っ張られて関節の運動中心がズレ、関節の荷重に偏りが生まれます。
 
 八起堂治療院では、五十肩の発生原因を、このような筋力の不均衡であろうと考えて治療しています(筋肉の習慣的緊張仮説)。
 
■筋肉そのものが原因の場合
 
 偏った荷重は、周辺組織(靭帯、関節包、歪みを支える筋肉)にも負荷をかけているはず。とすれば、関節軟骨がすり減るよりも早く、神経が多く敏感な周辺組織から痛みが始まる可能性は高いでしょう。
 また、強く緊張した筋肉は、それ自体も痛みを起こします。
 初期段階の痛みは、関節軟骨よりも、こうした周辺組織によるものが多いと考えられます。
 つまり、痛みが始まった段階ではまだ摩耗が少なく、回復可能なはず。関節の不正荷重を正すことが、治療の第一歩になります。
 
■鍼灸マッサージにできること
 
 初期の変形性関節症(関節炎)では、荷重バランスをとり、緊張しすぎた筋肉を元に戻してやることで進行を止めたり、治療できることになるでしょう。患者さんの立ち姿、動き方の観察から力線の狂いを見て、修正するわけです。 それは鍼灸やマッサージの得意分野でもあります。
 
 この分野については、さらに研究してゆこうと考えています。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年12月24日 (水)

筋肉へのTAM手技が、古伝の按摩に似てくる不思議

 TAM手技療法は、癒着を解く技術です。関節はもちろん、筋肉同士、あるいはその繊維が癒着している部分も解きほぐして治療を行います。
 
 最近、筋肉に対しての治療をやっていると思い出すのが、学校時代に習った太田晋斎『按腹図解』の『家伝導引三術』です。
 この書では、按摩の基本技術として「調摩、利関、解釈」という技術が紹介されています。調摩は、患部を撫でること。現在で言う軽擦法で、血液・リンパ液の循環を改善する方法です。利関は、関節の動きを改善すること。八起堂の関節TAMも、利関の一種ですね。
 
■導引の「解釈」は、揉捏法ではない
 
 今回気になっているのは「解釈」法。筋肉を解きほぐす方法です。
 一般的な解説では、家伝導引三術の「解釈」は、揉捏法と言われています。揉捏は、患部に圧を加えたまま、筋肉を横切るように指を動かす技術ですね。印象としては「ゴリゴリ押しこする」感じ。
 
 ところが、家伝導引三術の原書で紹介されている「解釈」の説明を見ると、揉捏とは全く違う印象を受けます。
「楽器の弦を弾くように、筋に指をかけ、軽く引くようにすべし」
 と記載されていたのです。
 圧を加えるとは、どこにも書いていません。指をかけて軽く引くというのですから、印象としては「クイッと引っ張る」感じ。
 
■筋肉と筋肉を引き離す「指をかけて引く」技法
 
 筋肉・筋膜の癒着をとるためには、筋肉同士、筋繊維同士を引き離すようにしなくてはなりません。たしかに筋肉に指をかけて引く、という操作はその目的に適しています。
 
 筋肉・筋膜へのTAM操作では、筋肉の隙間に指をかけて、横方向へ引っぱりながら移動してゆきます。筋肉はそれぞれ起始停止が違うので、指の入る隙間は意外とたくさんあり、うまく引くと、軽い操作でほぐれていきます。圧迫したり、ゴリゴリこすったりするのと違って、筋肉を痛める恐れも少ないものです。
 
 自分なりに工夫したつもりの技術が、10年以上も前に読んでいた古文献と一致する不思議。技術は、追求するうちにだんだん似てくるものなのかもしれません。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年8月 9日 (土)

軽く押して、効かせる指圧の技

 指圧は治療で多く使われる技法ですが、背中や腰の深いところに使うのが難しい技術でもあります。
 押す力が軽ければ、深い部分に響かず、強すぎれば表面の組織を押しつぶしてしまい、腫れや痛みの原因になります。やり過ぎると組織が線維化して、硬いシコリになってしまうことも。
 
 以前、そうした指圧の欠点を克服するための工夫を考えたことがあります。
 今はもう、指圧を使うことはほとんどありませんが、講座で何気なく話すと評判がいいので、公開します。
 
■ポイントは、左右の手で分業
 
 深く効かせたいとき邪魔になっているのは、皮膚と皮下脂肪の弾力です。押す力の何割かがこの部分で吸収されるので、術者は強い力を出す必要があります。そして、皮膚と皮下組織はその力に潰されて、損傷します。
 
 そこで、左右の手で分業します。片手で皮膚、皮下組織の弾力を抑えこみ、もう一方の手で、深い組織を指圧するのです。
 原理を図にすると下のような感じ。指圧する手は、組織が薄くなったところを抑えるので、簡単に深く効かせることができます。
Photo
 実際に操作する手は、下の図のように使います。
Photo_2
 左手の二指を、筋肉の走行に沿って押すと、効きやすくなります。
 
 皮膚、皮下組織は広い範囲で力を支えるので、損傷しません。
 一方、押す方の手は皮膚と皮下組織を押す分の力が必要ないので、軽く押すだけで効かせることができます。指を潰すこともありません。
 
 施術する方も、受ける方も楽な方法です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年7月31日 (木)

TAM手技療法講座は受講生の希望にあわせて

 以前から書いている通り、不定期でTAM手技療法の講習会を行っています。

 これまで、講習はTAMの基礎概念の説明から始めて、肩、肘、手首…と、順番に全身の治療法を教えるという方法をとっていました。


 ところが先日、受講希望の方が

「腰と、仙腸関節を重点的に学びたい」

 という希望を出されました。聞けば、以前に八起堂の治療を受けた時、仙腸関節の調整が短時間で高い効果を出したのが興味深かったとのこと。

 そこで今回は、ご希望にそって仙腸関節を中心に、股関節、脊椎、肩関節を付け足すという、変則的な講習を行いました。


一部だけの講習を行うのはどうかなあ、という迷いもありました。

 しかしやってみると、受講者本人の問題意識がはっきりしているせいか、意外にスムーズです。とくに、実際の症例をもとに話をしながら、けっこう突っ込んだところまで話ができます。

 とうとう最後まで、仙腸関節を中心に体幹部の治療だけで話が終わってしまいましたが、ご本人の満足度は高かった様子。


 考えてみれば、学校の授業のようにお仕着せの順番で勉強するよりも、興味のあるところを中心にしたほうが学びは進むものです。

 また、勤務する治療院によって、治療の中心になる部位は違うので、必要な部分をしっかりやった方が、約に立つはず。

 受講する人の希望を中心に進めていくほうが、ほんとうの意味で有意義な講習になるでしょう。


 そんなわけで、今更ながら方針転換です。

これからTAM手技療法の講習を希望される方には、どこの治療に興味があるかをしっかり伺い、その部分を中心にやっていこうと思います。


付記

  TAMによる仙腸関節調整の特徴は、習得が簡単なことです。受講された方からも

「習ってすぐに使えて、しっかり効果が出ました」

 という声を何度も聞いていますので、実際、簡単なのでしょう。


 基本的な技法は、このブログの2010年10月22日「TAM手技療法による仙腸関節の簡易調整(改)」で、書いていますので、興味のある方は、お試しください。仙腸関節の構造に沿った無理のない方法なので、きちんと理解すれば、この簡易調整だけでも、かなりの患者さんの不調が改善します。


 現在、講座で教えている技術は、上記の技術を発展させたもの。手技を整理した上で、とくに動きの悪い場合の対策などを加えています。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年8月20日 (火)

初歩のTAM手技療法講習会案内

この二年余り開催してきました「初歩のTAM手技療法」の講習会ですが、講座編成の見直しにより、2015年12月に内容が変更になりました。
 
 初歩の講座は「TAM初歩講座 前編・後編」となりました。
 前編は、理論と具体的な感覚を体験する講座となり、後編が簡単な技法をまとめた講座となります。
 
 前編を履修された方は、後編を飛ばして、そのまま次の「TAM自由講座」を受講していただくことも可能です。
 
 詳しくは、ホームページの「TAM手技療法講習会情報」を御覧ください。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年9月25日 (火)

足のTAM手技療法講習案内

 足首・足根骨など、足を治療するTAM手技療法の講習会を行います。
 
 足は、靱帯や筋肉が強力で操作しにくい上、足根骨の構造も複雑でイメージしにくい場所です。少人数制の、実践型講習を予定しています。


①場所・日時

 八起堂治療院(私の自宅です)

 少人数制ですので、決まった日時は設定しません。通常の治療予約の間に入れることもできますので、都合のよい日時をご連絡ください。
(日曜日定休 祝日は普通に営業しています)


②講習形式

 原則として、二時間の講習一回で終了します。

 二時間で教えられる技術をすべて伝えたいと思いますので、ビデオカメラなどの持参を歓迎します。

③講習料と、受講時間の延長について 

 一回あたり2時間の内容ですが、充分な実技指導を行うため、人数によって講習時間を延長します。受講予定を組まれる際は、ご注意下さい。

 1人で受講 … 2時間    12000円
 2人で受講 … 2時間30分 20000円
 
 以降、1人増えるごとに受講時間が30分長くなり、8000円を追加。
 
 あとで練習がしやすいように、親しい方たちでの受講がおすすめです。
 なおカメラの撮影係、練習台など、治療を業としていない方は、同席されても講習料は必要ありません。 
 
④講習内容紹介

1.目印と構造
 内側の目印 
 外側の目印
 上面の目印

 距舟関節の構造
 踵骨の回転軸

2.癒着箇所のチェック
 重心の確認 
 運動性の確認
 座位・立位・つま先立ちの重心移動を確認

3.治療のポジション
 ・簡易調整の座位
 ・基本治療を行いやすい伏臥位
 ・特殊なケースで使用する側臥位・仰臥位

4.TAM手技療法の操作技術
 TAMはテンションとモーションの複合作用
 牽引 … テンションと固定を兼ねる
 回転の中心をどこに置くか … 癒着部を動かす回転操作
 てこの使い方 … 支点と作用点 

 癒着剥がしの方向
 手の置き方の基本

5.簡易調整
 牽引と回旋、ねじり
 有効な力の方向

6.問題を起こしやすい箇所と治療

 距腿関節全般
 足関節前面 
 アキレス腱周辺
 踵骨内側  
 距踵関節  
 脛腓関節 

7.特殊な治療
 舟状骨
 楔状骨
 距腿関節

8.膝関節との関連性
 足関節治療後の膝関節治療
 簡単な膝関節操作

 捻挫の後遺症などで困っている人が多いにも関わらず、足を調整する治療院の数は増えていないのが現状です。当治療院にも、遠方から来られる方がいらっしゃいます。

 志ある方のご連絡をお待ちしております。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年8月 7日 (火)

治療家を目指す人へ…治療への適性検査

人間は大きく2つに分類できる。
 分ける人と、まとめる人である。あなたは、どちらだろうか?

 分ける人は、差異に着目し、少しでも違うものには違う方法を考える。それぞれに最も適した対応を行おうとするのだ。
 西洋料理のテーブルセットを考えると分かりやすい。肉用と魚用でナイフの形が違ったり、スプーンを何本も揃えたりする。それぞれにベストな道具をそろえてあるわけだ。

 まとめる人は、共通点に着目する。結果の表れ方は違っても、根本にあるものは同じと考えて対応しようとする。
 中華鍋などが良い例だ。加熱するのは同じだろう、と焼くも煮るも揚げるも一つでこなしてしまう。

 分ける、まとめるは思考のクセのようなもので、どちらが良い・悪いということはない。
 ただし適性はあるわけで、まとめる人には分ける思考は面倒くさく感じられるだろう。分ける人間には、まとめる方法はおおざっぱで頼りなく感じられるかもしれない。

 なんでこんなことをいうかというと、治療法にも分ける治療とまとめる治療があると思うからだ。自分がどちらの思考をするかを知っておけば、治療法を学ぶ上でも役に立つ。

 たとえば野口整体は、創始者の本を読む限りでは分ける思考だろう。体癖分類の研究などに、その特徴が見て取れる。
 操体法は「気持ちいい方に動いて治す」という原則にすべてを集約している、まとめる思考の代表だ。

 鍼灸でも中医学は分ける型。比べれば日本の経絡治療は少しまとめ型寄り。沢田流の太極療法はもっとまとめ型だろう。トリガーポイント鍼療法が、分類を重視する現代医学から出ながら、トリガーポイントに集約するまとめ思考なのはおもしろい。
 これから治療家になろうという人は、志望を決定する前に自分の適性を考えてみて損はないと思う。

 私自身はまとめ型だ。多くの場合を想定するよりも、原則を中心にアレンジを考えてゆく方が楽、というタイプ。TAM手技療法も「癒着、固定をとる」という原則ひとつと、わずかに5、6の技術しかない。

 持って生まれた性質を変えるのも何なので、これからもこのペースで行く事になりそうだ。
 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

より以前の記事一覧